心身ともにストレスの症状があるなら|心のケアを大切に

女性
婦人

眠れない悩みを解決

何らかの睡眠障害を抱えている人は少なくありませんが、睡眠障害の中でも不眠症は成人の約2割が悩まされています。入眠困難や中途覚醒・集中力低下等を主な症状とする不眠症は、体内時計の乱れやストレスなどが原因です。心療内科や精神科では市販の睡眠薬より効果の高い薬を処方する他、睡眠衛生教育も実施しています。

看護師

精神療法と薬物療法で効果

うつ病などの精神疾患はいくつかの種類に分けられ、精神療法や薬物療法によって治療することができます。浦和の心療内科は、専門の検査スタッフが対応してくれます。心理検査や知能検査に定評があるので、安心して任せることができるでしょう。

甘く見てはいけません

医者

体の変化を確認しましょう

ストレスによる症状は、精神的なものにとどまらず身体的な症状も強く表れます。慢性的なストレスを原因とするものとしては、めまいやだるさなどです。特に、だるさは朝に強く表れ、だるくて疲れているのにストレスで十分な睡眠をとることができず、さらにだるさが増していうという悪循環に陥ることがあります。ストレスによる症状と気づきにくいものとしては、寝起きのくしゃみがあります。アレルギーや風邪として片づけられてしまうこともありますが、いつまでも治らない場合はストレスが原因による自律神経の乱れかもしれません。また、ストレスによる体の委縮や動きが減ることでの血液循環の低下により、手足がしびれるなどの症状もあります。

さらに悪化した場合には

状態が悪化してしまうと、常にイライラしたり、強い緊張感や不安感を感じるようになります。また、自己嫌悪の感情が強くなり、そこから緊張感や不安感の増大という悪循環となってしてしまいます。さらに症状が進むと、うつ病の状態になります。うつ病かもしれないという事実は認めたくないかもしれませんが、ここまでくると少しでも早く専門医を受診しなければなりません。精神科や心療内科を受診し、少しでも早く治療を開始しましょう。治療はカウンセリングが中心となり、治療開始が早ければ早いほどに回復も早くなります。治療を遅らせてしまうと、治療に長い時間がかかってしまうとともに正常な日常生活が難しくなりますので、症状を感じたら早めに受診をするように心掛けましょう。

病院

心の問題を解決する

心療内科に通えば悩んでいた抑うつ症状などを客観的に認識することができます。横浜でこうした病院に足を運ぶ場合、患者さんにとって心を打ち明けやすい医師が在籍している場所を探しましょう。心の問題が解決すれば病の回復が早まります。